がんや脳動脈瘤など重大な病気を見つけ治療する

大腸を検査する

サプリメントと果実など

安心出来る透析の送迎サービスを利用するならこちらのクリニックがお勧めです。安全な環境が整っているので利用しましょう。

効果の高い漢方についてご紹介します。潰瘍性大腸炎でお困りの方はこちらへ。耳寄りの情報が満載のサイトです。

近年、日本で死亡が増えているガンとして、大腸がんがあります。大腸がんによる死亡率は、胃がん、肺がんなどに次いで男性では第3位、女性では第1位の位置を占めています。昔に比べて、男性で3.1倍、女性で2.8倍と増加しています。 大腸がんの主な症状は、血便、下痢、便が残る感じ、おなかが張る、急激な体重減少などがあります。時には、腫瘍ができることでの腸閉塞が原因で、嘔吐などの症状が現われることがあります。また、大腸がんが転移することで、肺や肝臓に腫瘤ができることがあります。 大腸がんは、早期の症状ではなかなか発見しづらいです。放置しておくと、どんどん症状が進行します。なので、こまめに病院で健康診断を受けることが大事です。

大腸がんの病院での検査方法は、一般的に便潜血検査が行われます。この検査は、専用の容器に便を入れて提出するものです。担当の方が、便の中に血液が混ざっていないか調べて、腫瘍の可能性がないか確認します。大腸がんの約30パーセントの人は、この便潜血検査を契機にがんが発見されています。 その他にも、病院では直腸診検査というものがあります。これは、医者が肛門から指を挿入し、腫瘍があるかどうかを触診する検査です。その他にも、カメラで直接大腸の状態を見られる内視鏡検査があります。これは、直接肛門から内視鏡カメラを挿入して、腸の表面を確認できます。体への負担は少しありますが、直接確認できるので大腸がん発見に効果的な検査です。

検査が重要

パソコンと聴診器

検査は病気を発見するためにはとても重要です。早く発見すれば、病巣があっても切除できることがあります。大腸がんの場合、中年以降に多いので必ず年に一回は検査することが推奨されています。

細胞を使って治療

カルテを開く手元

医療技術が進化したことから、先進国では死亡率を格段に減らすことができている。NK細胞療法は最新の治療技術で、健康保険は適用されませんが多くの施設で受けることができるようになっています。

その症状を知る

虫眼鏡の中のCANCERの文字

病気は症状を知ることで気付くことができます。自覚症状が好きない脳動脈瘤に関しては、検査や生活習慣から発症をしやすいかどうかを図ることができるようになっています。

痔を治療する

握手をする医師と看護師

痔を治療するための専門外来が肛門科です。昔からあるこの科は、新設することはできないことになっています。しかし、肛門のことを専門に行う外来は今後需要も増えると予想されています。

女性特有の病気

薬品調合の様子

男性と女性ではいくつか異なる内臓器官が存在しています。このため、がん予防でも乳がんや子宮がんに気をつけなければならないとされています。発見が遅れると他の部位へ転移することが分かっています。